掃除のマメ知識

お風呂の頑固な汚れには!?

皆さんは、お風呂をきちんと掃除していますか?

数日ごとに掃除をしている方でも、落としきれない汚れに悩んでいる方も当然いらっしゃると思います。
お風呂をはじめ、水回りの汚れは頑固なものが非常に多く、気持ちの良いものではありません。
汚れが落ちずに、手に負えなくなる前に、きちんとお風呂掃除をしましょう。

今回は、重曹とクエン酸を使ったお風呂掃除方法をご紹介します!

■洗い場・壁

これらは、水垢や石鹸カスが溜まりやすいところです。
クエン酸を使用すると効果的です。
軽度の汚れの場合、水250mlにクエン酸小さじ2杯ほどを加えたクエン酸溶液をスプレーして、しばらく置いた後にスポンジで擦り落としましょう。

■バスタブ

バスタブの主な汚れは、皮脂や汗などです。
こちらには重曹がオススメ。
まず、入浴後のお湯は抜かずに置いておきます。
まだお湯が温かいうちに重曹を溶かして入れ、1日ほど時間を置いてから洗います。
量の目安は、200ℓのお湯に対して重曹1カップほど。
洗面器や椅子などに付いている汚れも、バスタブに一緒に入れておくことで、これらの汚れも取れます。

■タイルのカビ

まだ根を張っていないカビだと、スポンジや古布でサッと拭き取ることができます。
細かいところは歯ブラシを使うとオススメです。
そして、拭いたくらいでは落ちない頑固なカビには、クエン酸と重曹の合わせたものを使用します。

まず、クエン酸と重曹を同量ずつ混ぜ、カビの上に乗せ、その上からスプレーで水(お湯の方がオススメ)を吹きつけると泡が立つため、そのまま30分ほど置きます。
その後、キレイにサッと拭き取ってください。
壁面など粉が乗せられない場所は、クエン酸スプレーと重曹スプレーを交互に吹きかけてみてください。

定期的に重曹スプレーを吹きつけて10~15分後にシャワーで流すことで、カビの予防や消臭に大きく役立ちます。

最後に

いかがでしたか?
お風呂の汚れには身近なもので対処できるものもあります。
ですが、なかには本当に落ちない汚れもあるでしょう。
そのときは、ぜひ当社を頼ってください。
専用の機材や洗剤で、あらゆる汚れをキレイに落します。


トイレをキレイに保ちましょう!

「トイレ掃除」
と聞くと、苦手意識をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
トイレは毎日使用する場所なので、汚れてしまうペースも速いものです。

また、トイレは汚れが付きやすく、ひどく汚れてしまった後ではお手入れの際、とても大変です。
便器はもちろん、床や壁も一緒に、きれいに保つことが大切です。

今回は、トイレ掃除コツをご紹介します。

○そもそも汚れってどんな種類があるの?

トイレ掃除を効率的に行うために、まずは汚れの種類を知ることが大切です。
汚れは主に下記の3つあります。

▼尿石
炭酸カルシウムが固まったもの。
便器に尿石が付いている場合、頑固な汚れとなるため、なかなか取り除けません。

▼黄ばみ
尿石が色素沈着を起こすことで発生する汚れで、アンモニア臭の原因となります。
こちらはアルカリ性の汚れのため、酸性の洗剤などで中和させると効率良く除去できます。

▼黒ずみ
黒ずみの原因のほとんどはカビです。
トイレは湿気が籠りやすく、カビが発生しやすい環境。
また、カビは根を張るため、1度発生すれば再発する可能性が十分高い厄介者ですので、こまめに掃除をしましょう。

○掃除方法

便器は、重曹とクエン酸水できれいにすることができます。
全体は重曹を全体にかけ、その上からクエン酸水を吹きかけ。
フチの内側はクエン酸水を吹きかけ、歯ブラシなどでこすりましょう。
トイレの壁は、ホコリが主に付着しているため、乾いた雑巾などを使って落とします。
床に飛散した尿の汚れは、クエン酸水を含ませた雑巾で拭き掃除しましょう。
最後にエタノールなどの除菌剤を吹きかけて完成です。

○それでも落ちない場合は?

それでも汚れが落ちない・気になる場合は、当社までご相談を。
また、忙しくてなかなか掃除ができないという方も、お気軽にハウスクリーニングをご依頼ください。
どのような頑固な汚れも当社の高い清掃技術で、しっかりと落とします。


排水口から気になる臭い対策

「排水口から何か臭う……」
このように感じる主婦の皆さんも多いと思います。
毎日使用するキッチンは、料理や洗い物などで大忙しですよね。

そんなキッチンの排水口から気になる臭いを感じたことはありませんか?
実はこの臭いの原因は、毎日の洗い物をしている際に、食べ物のカスなどが蓄積され、それによって腐敗臭が漂って気になる臭いを放出することが多いです。

効果的な対策としては、とても面倒ですが、毎日こまめに排水口のカゴを洗ったり、カゴの奥の方も食べカスなどで汚れが蓄積されていきますので、長めのブラシなどで洗うこと。
それでも臭いが気になる場合には、お酢と重曹を使って掃除をすると簡単に臭いが取れます。

手順は下記を参考してみてください。

手順1.まずは、排水口にあるゴミなどをキレイ掃除しましょう。その後、重曹を排水口にたっぷりとかけてください。
手順2.重曹の半分くらいの量のお酢を上からかけていきます。すると、シュワシュワと音を立てながら泡立っていきます。
手順3.5分くらいそのままにし、泡がなくなってきたら、お湯で流します。
手順4.あとは、サッと拭くだけで、排水口もスッキリです。

以上が自宅でも簡単にできる排水口の臭い対策です。
ですが、汚れをいつまでも放置し続け時間が経ってしまうと、臭いも次第に取れにくくなってしまいます。
そのようなときは、清掃のプロである株式会社サンレフにおまかせください。
数多くの実績をもとにしたノウハウを活かし、状況に応じた的確な清掃で頑固な臭いや汚れを徹底して除去します。

年末の大掃除の際のご相談も大歓迎です。


お風呂に潜むカビ

こんにちは!

今回はハウスクリーニングの際によく見かける“カビ”についてお話しします。

皆様も自宅のお風呂場を掃除する際に、カビを見かけるケースも多いと思います。
そんなカビにも、いくつか種類があったのはご存知でしたか?

適切な処置でカビを落とさないと、様々な悪影響が私たちの身体へ与えてしまいます。

今回はカビの種類とちょっとした対策方法をご紹介します!

【カビの種類】

■黒カビ
お風呂に存在する代表的なカビです。
菌糸という糸状になった細胞が壁などの奥まで根を張ってしまうため、こすってもなかなか落ちません。
そのため、天井やゴムパッキンに生えるととてもやっかいなカビの一つです。

■赤カビ
お風呂の床に、いつの間にかピンク色の汚れが付いていることがありませんか?
実は、あれもカビの一種なのです。
こちらは、サッと拭けば簡単に落ちますが、繁殖するスピードがとても速いです。
その速さはなんと、黒カビの約10倍と言われています!
水分が大好物なので、お風呂場での繁殖は避けるのはなかなか難しいです。

■青カビ
チーズの製造などに使われるカビで、他の種類と比べ発生率は低めです。
ですが、例を出すとブルーチーズからも伝わってくるようににニオイがとてもきつく、一度生えてしまうと大きな悩みのタネに……。
また、そのまま放置してしまうと、肝臓や腎臓ガンの原因にもなる可能性もあるので十分注意が必要です。

もしカビを見かけたら?

カビを発生させないためには、湿気や石けんカスなどを残さないのが1番。
ですので、お掃除の際は念入りに掃除を意識しましょう。

それでも落ちなかったら、一度当社までご相談ください。
ご家庭ではできない徹底したクリーニングで、カビやニオイの原因となる雑菌をピカピカにお掃除します。
また表面だけでなく、換気扇や排水溝、バスタブをパーツごとに分解し、目に入らない箇所の汚れも根元からごっそりキレイに落とします。

なかなか落ちない頑固なカビでお困りの方は、ぜひ一度プロの技術を体感してみませんか?